駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいもの

現在、日本全国に素晴らしい霊園があり、きっと貴方が住んでいる近所にも霊園があることでしょう。
しかし霊園だったらどこでも良いというワケではなく、様々なポイントを考慮して選ぶ必要があるのです。 階段以外に移動をする方法が無い霊園の場合には、お年寄りや車椅子の方などにとってお墓参りが大変になってしまいます。
今では霊園内を平坦設計にしているバリアフリーの霊園も増増加してきていますので参考にされると良いでしょう。霊園や墓地の設備ですが、駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいものです。
その他にも、法要施設や送迎バス、休憩所や生花・線香などの売店などがあれば利便性がよくなります。

 

霊園を購入する時には、なるべく自分にとって必要な設備が整っている霊園を求めたいのは当たり前のことです。
あまり設備が充実をしていないような霊園を選んでしまいますと後々後悔してしまうことになります。

RNA DNA
http://www.suplinx.com/shop/e/ernadna/
RNA DNA



駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいものブログ:22 7 17

あたくしがまだ小さかった頃、
誕生日に父親が柴犬の子犬を買ってくれました。

フワフワのその子犬をあたくしはとても可愛がっていましたが、
ある日、リードを噛み切っていなくなってしまいました。

あたくしは日々「帰ってきて」と祈りながら、
子犬の寝ていたダンボールの箱を見ていました。

しばらくして父親が
「もう帰ってこないだろう。片付けるぞ」と言いました。
あたくしはもう少し待ってくれるように頼みました。

そして子犬がいなくなってひと月ほどたったある日、
あたくしが幼稚園から帰ると、ダンボールの中に子犬がいました。

片目の周りに赤いマジックでいたずら書きをされ、
足に怪我をして帰ってきたのです。
あたくしは泣きました。

うれしかったことと、
いったい誰がこんな酷いことをしたのかと思う悔しさとで、
少し大きくなった子犬を抱きしめて泣きました。

それから少しして、
子犬はだんだんごはんを食べなくなりました。

父親は「変だ」と言い、医者に連れて行き見てもらいましたが、
医者に「もう助からないよ」と言われました。
あたくしは泣きながら子犬を抱きかかえ、家に帰ってきました。

次の日の朝方、子犬は動かなくなっていました。
あたくしは冷たくなった子犬を抱いて泣きつづけました。

父親はダンボールに子犬の好きだった物を入れ、
その中に子犬を寝かし、蓋をしました。

その日は幼稚園を休み、
父親と二人でダンボールを持って海に行きました。

茅ヶ崎の海は、鎌倉の海と違って波が荒々しくて、
あたくしはあまり好きではありません。

でも父親は「ここでないと子犬は帰れないよ」と言い、
海に子犬の寝ているダンボールを流しました。

あたくしと父親は、
子犬が波にゆられていくのをずっと見ていました。