多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある

多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある


多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある
霊園探しは決して簡単なものではなく、いろいろな項目をチェックしながら行う必要があります。
まず大切なのは霊園の担当者の話をしっかりと聞いて、「こんなハズじゃなかった」とならないようにしましょう。 自分で後から、数社存在している指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶワケではありません。
霊園を訪れた瞬間に、担当をしている石材店が自動的に振り分けられてしまうのが一般的となっています。現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制というのは、霊園でお墓を建てる時に、指定の石材店においてお墓を建てるという規約となります。

指定石材店制を導入している霊園には注意をするべきことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。




多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあるブログ:07 7 17

人前に出て、何かをする。
出来ることを、披露する。
自分のことを、評価する。

今となれば当たり前のことなのに、
わたしは、いちいち心の中で引っかかります。

外から見ればそんな風に感じないかもしれないけれど、
わたしの心の中は、常に葛藤の嵐であり、
それを越えての行動なので、
見えているよりも負荷がかかっていることが多いんですよね。

わたしの中に流れている、
父親の血と母親の血は、
わたしと言う一人の人間、女性を形作り、
わたしもまた流れを繋いでいく…

わたし…という存在が自分がどう思おうと、
周りには少なからぬ影響がある…

だけど、自分を感じ、表現しようとしたときに、
未だに足枷になっているのが
「女の子だから…」と言う「呪文」なんです。

しかし、わたしが男の子だったら
きっと「男の子なんだから」になり変わっていたのだろうな。
いずれにしろ、同じなのかもしれないのですが…

しかし、我が家の二人の男の子はわたしから生まれ、
一緒にいるのが長いので、わたしの影響が色濃いはずなんですが、
これがまた…

わたしは自分自身の経験から、
「男の子だから」と言ったことは
まずないと思うんですが…

男だから、女だから、
…ということはあまり意識しておらず、
一つの個性くらいに思ってきたし、今もそのはずです。

しかし、しかし!
我が家の男の子達と来たら、
世に聞くオトコ達の言動をするのです。

まず、返事をしない。
顔を向けるだけとか、頷くだけとか…
全く何を考えているのかさっぱりわからない!

で「返事をしなさい」と言うと
逆ギレされることも…

言わなければ解らないことって
わたしはたくさんあると思うんですけどねぇ~

世の男性のみなさん、
どうお考えになられますか?

多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある

多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある

★メニュー

宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがある
駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいもの
多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある
都心の便利なエリアに位置している公営墓地
日当たりがよく風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件
民間における公益法人や宗教法人が管理と運営を行なう民間
墓地選びにおきましての重要なポイント
墓石代や永代使用料または管理料などが必要
決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切
より安心することの出来る石材店を選ぶメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)環境や設備などに注目をして霊園探し